ETC割引は複雑?実は簡単。知らないと損する割引条件シンプルまとめ

用品解説

ETCを搭載して割引が適用されるということは知っている方も多いと思いますが、適用されると思ったのにされないケースはありませんか?

今回は2021年現在適応されるETC割引の概要をまとめました。

これを確認すればETC割引されないというケースを少しでも減らせると思いますので最後までご覧ください。

割引1 休日割引

対象車種 普通車・軽自動車(二輪車)限定

対象日 土日・祝日・1月2日3日

引用 NEXCO HP

こちらは土日祝日は30%割引される一番よく使われる制度です。

注意点は東京大阪近郊に対象外エリアが存在することと、トラック等など大型の車は適用外になることなります。

割引2 深夜割引

対象車種 すべての車種

対象日時 毎日0時~4時

引用 NEXCO HP

こちらは、すべての車種が30%引きになるお得な制度です。

こちらはゲートの時間ではなく、0時から4時の間に走行すれば割引になるので、比較的わかりやすいです。

割引3 平日朝夕割引

対象車種 すべての車

割引日時 平日の朝6時~9時 夕方17時~20時

引用 NEXCO HP

こちらは、注意点がある割引なので説明します。

注意①事前のETCマイレージ登録が必要

注意②割引対象日時に入り口か出口のゲートを通過しないといけない。

注意③適用は1日1回。朝と夕方の同一日の適用はない。

注意④その場で割引ではなく、ポイントで翌月20日に還元。

注意⑤1ヶ月のご利用回数最低5回必要(5~9回で30% 10回以上で50%ポイントがつきます。)

注意⑥東京大阪近郊に対象外エリアがある

割引4 障害者割引

身体障がい者が自ら運転する、もしくは同乗する際に適用される割引です。

注意①事前にお住まいの市町村の福祉担当窓口へ申請が必要。

注意②申請時に車とETCカードの組み合わせを登録し、別の車では割引されない。

注意③クレジットカードは身体障がい者本人名義の物が必要

各市町村によるところもあると思いますので、事前に確認をお願いいたします。

割引5 ETC2.0限定割引

ETC2.0を搭載した車で、圏央道、新湘南バイパスを走行した際に割引

以前にETC2.0まとめもしてます。取り付けで悩まれている方は是非ご確認下さい。

東京付近の方でしかお得がないのと、他の割引とは重複適用できない割引率の低い割引なので、無理して適用するメリットはあまりないかもしれません。

割引5 コーポレートカード割引

コーポレートカードで、カードに表示された車両走行時に適用(法人・個人事業主しか作成できない)

首都高速・阪神高速の利用額に応じて割引

カード作成が必要ですが、東京・大阪付近で仕事で車を使う法人・個人事業主は必須。(もちろん他の高速道路でも使えます)

今までの、休日・深夜・平日朝夕割引とも併用でき最大で請求時に20%割引できます。

利用明細が出るので管理が簡単。

首都・阪神高速ETCコーポレートカード

注意①個人での作成はできない。

まとめ

仕事柄ETCはよく取り扱いますが、割引についてはっきり答えれる自身がなく今回はまとめました。

少しでもお得に高速道路を使用したい方はまずマイレージ登録を必ずしておきましょう。

無料で登録ができ、最初にしておくとずっと継続できるので、手間に対して十分な見返りがあると思います。

そして個人事業主の方で、東京・大阪付近で車を使用される方は、必ずコーポレートカードを作成しておきましょう。

詳しい割引の条件や事前に料金が知りたい方は、必ずNEXCOホームページ等をご確認ください。

私が調べて一番わかりやすかったのはこちら

最後までご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました